日常のことを綴ります


by MAYUMI-SAKURA

<   2011年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

涼しさや~

未だに蚊に喰われてしまってる。どんだけ?体温高いねんってか。(身体熱いのだ。夏になると。汗かいてます)
一雨ごとに涼しくなります。寝やすくなります。今日のお昼休憩していたら「小林幸子さん結婚」のニュースが流れて驚いた。んで・・よかったと思いました。仕事一筋で生きていた中、良き伴侶との出会いは。でも、仕事に一途さを求めてる小林さん、、、5年間お付き合いした中でのゴールインだったとか。(荒い見方だけど)仕事に邪魔されずに結婚してもより歌にお芝居に専念出来るののをサポートしてくれる方かぁ。家事や、事細かな事をしなくていいって・・・楽でしょうね。いろんな意味で。57歳だから子供を産まれないけど、そのぶん仕事に歌につぎ込まれる環境
自分たちの世界とは違うから芸能界。浮き沈みが激しい中での生き残りだから必死の努力ですよね。あれだけ笑みを絶やさずに歌い、お話しして人気がある女性。おめでとう
[PR]
by MAYUMI-SAKURA | 2011-08-31 23:42

あな

地元のニュース、全国のニュースでも取り上げてました。「夫の誕生日に穴を掘って落ちて亡くなった」ニュースを。結婚したてで幼い妻が仕向けたサプライズのつもりが悲しい結末になってしまいました。2人も穴に落ちて亡くなりました。複雑でしょう。可愛いイタズラにしても、2・5メートルの深さの穴が必要?かなと。自分の背丈を越す穴を掘って(友人も手伝ったとか)その後のコトを考えてなかったのかもしれません。親族にしてみれば夫婦2人もあの世に逝ったのが悲しいけどよかったのか・・・な?どちらかが生きていたら責めることでしょう。にしても、お葬式の時には大変気まずいでしょう。他人は笑ってるに違いない。(と、思います)ときに、バラエティーでも穴を掘って、そこに落とすのを面白オカシク流れている映像が流れてます。そのようにちょっとしたブラックジョークを踏まえた誕生日にしたかったもしれません。神は、生涯を共に逝かせたんだ。
[PR]
by MAYUMI-SAKURA | 2011-08-29 06:45

ふかふか

その後・・・・2次発酵も終えて余熱したオーブンに入れ20分。焼きあがった。ふかふかの出来上がったパンは(まるぱん)久々に作ったけど、失敗せずに出来上がった。明日の昼弁に持って行きます。
以前は、ホームベーカリーが欲しかった(今じゃ、ご飯もパンになります)便利だし、綺麗に仕上がり失敗はない。しかし、手で作ることを父は言っていたっけ。確かに失敗はあるが、生地の肌触りは手ごねで理解できた。お店で売っているのとは違い、素人なので、ムラがあったり、オーブンも(電気)万全とはいえないが、家でご飯を炊くみたいな感じの仕上がりだ。ふつう・・・
クックパッドを見てみると、みなざんプロでは?ないかと思う作品が載っている。レベルが違う。食も追求すればプロと代わり映えしないのだと感じた。
悲しいかな・・・粉とか生地とかが手で触れることが気持ちいい。(餅は餅屋だね)小さいときから、たまたま家がそう(和菓子屋)なのだけに環境が手で作り上げることが目の当たりにしていただけに違和感がない。逆に、頭を使うのが苦手だった。隣の家が先生(時たま奇声あげたりする一家だ)だけに、そのこどもは一人は変人(見た目から変ってるし、近所でも評判だ。お気の毒にとのコトを云われたが、何かあったら警察に通報するだけ)その次男は医者みたい(1度も見たことない。両親が、こんなひとだから、兄(長男)がこうなのだから仕方ない)だから、先生の子供とことで勉強が出来てあたり前、いい大学に入って当たり前なことを以前は暗黙の了解だった。今は違うでしょう先生も大変な時代だし、子供の親も人じゃないモンスターもいるし。
育った環境が違うから~好き嫌いは仕方ない×~♪と、スマップは歌っている(セロリ)←否めないだった〇
その後、2回めも焼く。当分、パンは作らなくてもいいや。明日は、まるぱんと、マヨタマ(マヨネーズ&玉ねぎちょこっと&ゆでたまご)ですね
[PR]
by MAYUMI-SAKURA | 2011-08-26 14:49

朝?昼?食。

お腹の虫が鳴いている。すすむしと違いえげつないなき方だ。持ち主同様で意地汚いなき方。ぐるるうる~って獣かよ。(おい)
パンつくりをしている中。1次発酵している最中。湯せんしてます。生地を。ボウルに捏ねた生地を入れてラップして鍋に湯を沸かして(程よい湯加減で)浮かしてます。じんわりと生地はふくらみ、パンになります。朝食謙昼食だな。明日のお昼にと、つくってます。
蝉の声が切なくなるこの頃。命の尊さが鳴き声に響いてます。彼らは?「生きたいよ」と、鳴いているのだろうか?
自分も1日、1日を、なんとなく生きてる。仕事を抜いたらなんでもない自分がいる。何かを支えにするのなら今は仕事だ。せわしないが頭を使い、まわりの方々の姿に、お客様の笑顔でなんとか成り立っている、、、家族が居ない分頑張ってはいないけど。それでも生きている。一人から見る世界はちいさく、狭く、見てはいけない部分もあるけど、現実だけど、楽しいことを考えていれば何とかなる。と思っている
[PR]
by MAYUMI-SAKURA | 2011-08-26 11:32

リンリンリン~♪

日をまたいでしまったが(休み前だと夜中でも延々起きている。時間がもったいないことで)、外の風を入れて窓開けてます。外から聞こえる音は、雨音と、虫の音。早いなぁ~秋の虫、すずむしが鳴き始めている。知らない間に涼しくなって、夏は秋に様変わり。玄関の百日紅は、今が咲きどきのようで、真っ白なふさふさとした小花が咲き乱れている。(掃除する身になっておくれ~)
父がいなくなってから3度目の夏を終わろうとしている。向こうでは?季節があるのだろうか?
「それでも生きて行く」シリアスなドラマです。毎回見るたびに心が重くなる。内容もそうだが、演じている方々の演技の上手さが画面を通じてきます。必死さや、泣き、笑い・家族の絆。フィクションとはいえ、つらい。
問いたくなります。「命」の重さ。日常的に、以前は、そんな頻繁に起きない事件が(殺人)が毎日のように起きている。いろんな原因があるのだが、殺人の動機は理不尽な理由が主だ。心に住む魔物がいるのかもしれません。人が人を殺める。悲しい現実。被害者家族と加害者家族の、それぞれの生き方がドラマではなぞられています。どちらの家族の気持ちも判るだけに見ていて、つらい・・・・風間さん演じる少年A演技、大竹しのぶさん演じる被害者の母の演技の凄みに引き込まれる。一人一人キャストの演技に引き込まれます。
[PR]
by MAYUMI-SAKURA | 2011-08-26 01:01

逆に、あっさり

昨日、引退会見を致した為、彼が出演していた冠番組は急きょ終わることになってしまった為、穴埋め的な番組に差し変わっていました。なんだ??ちい散歩的なローカルな番組になってた。しかも!収録が3月。季節的に変。雨なら分る。しかし・・・画面は雪。細雪でした。10円で食べれる日替わりのお刺身とかが出ていました。まぐろ刺身3貫(←3切れです)で、10円って(〇д〇;))ぇぇ~っ明日、うちの兄ちゃん(鮮魚チーフ)に聞こうっと~多分、バカじゃねぇ~のって言ふだろう。利益とってないし。ぼったくりといってもいいくらい考えて値段を付けておりますお魚ちゃんのお値段を。原価と利益を重ねて計算してのお魚屋さんです。(いつも文句言ってますよ。高いたら、こんなサカナ俺、発注してないとか・・・ぶつぶつ)
逆に、テレビ番組が、シンプルになった。画面から消えたので。一般人におなりになりましたか。そりゃ~番組収録したわ、一般人だからタレントさんぢゃぁないからギャラ発生しないし、逆に、そのまま流していたら放送事故になりますからね。手広すぎてしまった。頂上に(てっぺん)に上がったから後は下山するだけでしたが、自分は崖から転がり落ちたと言ってましたが覇気がない。眼が曇っている。オーラーがないって自分でも感じた。彼に声を掛けられ、救われたタレントさん達にしてみれば青天の霹靂でしょう。事務所の社長を添えて会見なさったのですから、引退は引き止めれたとも考えられます。でもルール上、アウト的なことを犯してしまったらしい(内容はワカリマセン。今のところ)週刊誌が奥底にしまってあるモノを載せることでしょう。一般人になったのですから、逆にいろんな事を書かれて名誉毀損とかも出来ますって言われてましたっけ。引き際は、素早く静かに退くのが美しいと思いますが・・・自分の場合、3社変わりましたが(会社)、2社は人間関係でしたからねぇ~小さなトラップに引っかかり転んだ。痛かったなぁ。(いざこざじゃないけど)日頃のうっぷんが溜まったから荷物まとめて消えた(花屋さん)利用者が、女性風呂をのぞいた。だから、見守りをしていた自分の責任を取れとのコトを云われた(リハの職員から)だから、11月には辞める決意満々だったが、実際は辞めさせずに降格された。だから頭にきて、12月31日に辞めた(介護職。←知的障害施設)その後、老人施設で1ヶ月でダウンした。(自立失調で)介護職は勤められない。ソウシャルワーカーになろうかな~と頑張ってみたけど。以前していたお魚がよかったから募集してたかた5年前。だから今があるんだけど。生きている限り何かと出会い別れ、いざこざもあったりするけど人間、何でも経験だと思ふ。失敗しても明日があるし、笑われたり、叱られたら、そうんな風に仕向けないように意識して仕事をすればいいだけのこと。くやしさが人を強くする。(自分からの経験上)
[PR]
by MAYUMI-SAKURA | 2011-08-24 21:18

あはははは~休館日!

そうだった・・・博物館&美術館ってさぁ~月曜日がお休みなんだったぁ~てなことを!うっかり八平しちゃいました(三平で~す)うん。京都博物館前にてΣ(〇д〇;)ついつい・・・先走って行動してしまう結果がこうだ!なので、そこから~ぐい~っと歩き続けて気を取り直して、サクサク歩く。「三十三間堂」拝観して、おみくじ引いて、そこから強引に持ってゆき~五条坂まで歩いた、歩いた・・・次は「六波羅蜜寺」を探すつもりが・・・見つからない本来の方向音痴が出てます!すでに( ̄ω ̄)♪♪~歩き続けるので大汗かきつつ。
何故か?清水寺は行けるんですがねぇ~あえて行かない。途中で下り、「舞妓さんひいひい」のお店でチャージ中。(時には甘い物をお腹に納めないと歩けないっ)ソフトに、舞妓さんひいひいを振りかけたのを食す。暑い東山近辺、にはもってこいでした。(辛いけど、おいしい)次、歩いてると看板犬発見、なでなでして、「建仁寺」に行く。風神雷神屏風が飾ってある・・・しかもハイテクなところは、お寺の中に拝観出来る、順路のなかで、法堂(はっとう)があって、そこに行くには、ハイテクな装置があった。(ちょっと笑えた)スリッパに替えて歩くと、木の扉が(片方)あり、壁には3を押してオープン??ナンだと思ったら、そう、行きは行けるのだが、その先は、その・・・3を押して(ピ)オープンのボタン押さないと進めないシステム。帰りも同じく。行きは出来るが、その先は、押さないと開かない木の扉
法堂内は静かで、天井を見れば天井画「双龍図」がお出迎え。大きい天井に描かれた龍2頭は、躍動感があって迫力満点。睨みがいい。眼を入れる際には念仏するんだね。でもさぁ周りのギャラリー、写メ撮ってたしぃ~あれはダメっしょ。パシャパシャ撮る。壁にはナンか書かれてた。大事な国宝にねぇ。おバカなひともおるんだと。(どこにでもいる)
建仁寺の屏風絵の隣には、金澤翔子さん作の風神雷神の書があった(ダウン症の翔子さんが念を込めて書いた力作)あと、掛け軸には、「〇△□」の書もあった。お庭が綺麗でしたが・・・ちょっと工事に手が入ってて(まわりですが)修理も大事なんだと思いました。その後、人ごみの中を歩けば何処かに?行けるだろうと歩くと・・・祇園に出てしまった。「八坂神社」も散策してきました。おみくじも引く
意外と広い神社内でした。お参りもしっかりと。また、甘い物を取って(かき氷)一息ついてから46番系統市バスに乗って「上賀茂神社」に行きましたまわりの景色いいですね~この日は「神馬」いなかった(残念)次回、お話ししてこよう~「話しかけないでください」との注意書きしてます。日・祝日のみお馬さんいます。
立砂を撮ろうとしたけど、出来ず。広い神社内を散策して京都駅に戻る。そこから・・・隣接している百貨店に。
いつも京都に行くと立ち寄るところでは美術館「えき」KYOТOにて、「魔法のはさみ」今森光彦の切り紙美術館を開催してたので見てきました・・・(7Fにて)切り紙とはいえ、すんばらしい~作品でした。画ですね。コレ、紙じゃない・・・色合いと1つ1つがしっかりとした画。苦手な昆虫も「蝶」とかが、綺麗でした・・・・今日は、コレ見に来たんだと納得しました。感動しました。その後、カフェに寄って(どんだけ?)ミルク100%のアイス&ワッフル&ピンクレモネードを頼んでました・・・が、京都のマザーズ(4名)のうち、1名(代表)がメニュー表抱えて注文し始めるのを見ていて思った「豪快な頼み方」席は4名並んでたし~作り手のお姉ちゃん一瞬怯みましたね~ええぇ~てな感じ見逃せなかった。(分るよ受ける側(作り手)にとってはねぇ)え~?ソースキャラメル?メイプル?と、そこから聞くマザー代表。混んでましたが、お味は美味しかったミルク~
時間もそこそこだったので、駅に戻り、地下2Fの本屋さんで時間潰して本買って、家路に着きました。
首が、鼻先が日焼けしてました。。。サンオイル?持ってないし~紫外線浴びまくってました。
1日でもハードだけど楽しめました。食べて、参拝してる京都訪問ですが・・・いつきても癒されます。縁切り神社「安井金比羅宮」の中には、鳥居入って右側?かな・・たぶん・・・ラブホなんだよね。いいんか?と思った!神社内にねぇ~あるある。この神社本当にお札で埋め尽くされてます。潜るあなは小さい。でも潜ってるひと多し縁切りしたいのか?前、京都に来た時に参拝&御守り(縁切り&縁結び)セット)買いました。使うときないケド縁切りお守りを<( ̄ω ̄;)))
[PR]
by MAYUMI-SAKURA | 2011-08-22 23:46

眠いけど、ハイ

朝市の為、早朝に起きた。寒さで目覚める朝5時。今日1日、人がいない所では欠伸が出てました。出続ける河馬のように、あんぐり~くわぁ~醜い顔できあがり。お財布の紐は緩くないみたいで、お客様の入りが少ない朝市。朝市が終わると、潮を引いたかのように静かに店内は音楽(リズミカルなノリ)が流れてる。寝不足気味な社員にとってはありがた迷惑。不思議ですよね~スーパーのBGМってにぎやかさが売りなんですよね。買い物を買わせるようになってる。本屋さんではおとなしいBGMですよね。うるさい音楽だったら、本選んだり、その1冊を探すのにイライラしてるだろう。あと、隣接しているカフェも重要。買った本を読みつつロイヤルミルクティーとナンかを食べて一時がしあわせな一瞬です。お風呂も捨てがたい~寝るもの。(簡単に略すと、食う寝る遊ぶ)明日、早朝、京都の地に立ち、散策してきます。日帰り。サンダーバード料率100%。金沢に着く頃には学生が占拠される席に小さくまとまっておることでしょう。癒しの都京都。
京都のイントネーションがいいのですね。地元と富山のミックス方言は、云っている自分が田舎でなんだか可笑しな日本語に聞こえる。でも、方言で、いろいろ処理出切ることがいいのだが。「あ~ばばけた」とか。理解出来ないですよね。「あ~滲んだ(字)」と言っている。婆ちゃんを蹴ってませんから~はい。そりゃ、虐待だわさ。字が滲むことを、「ばばける」深みにハマる。(雪にハマってることを言ふ方言「ごぼる」
ごぼった~で会話で成立。事情言わなくても1言でOK。田舎だな~
うめかよさん(写真家)まではいかないけど。彼女も能登ですね
[PR]
by MAYUMI-SAKURA | 2011-08-21 21:59

目覚めた!

9時過ぎに出て、延々と待合室に待ち続け眠気が出てどうしょうもない時に名前を呼ばれて、注射1本!
相変わらず痛い。膝に骨付近に打ち込む小さいヒアルロン酸。膝関節治療にはいいらしい。潤いを満たすのでした。9月からはジムに行ってもいいとのこと。怪我して、6ヶ月の期間、長かった。痛みは若干ありますが、正坐しても痛くないし、しゃがむのは・・・イマイチ。食事に至っては、左ひざ伸ばして食べてます。未だに癖がッ取れなくなった(怪我した直後、固まってたみたいで関節が。なので、伸ばす運動をしてほしいと云われ意識しつつしてました)プールか。。。水着?どうしょう。
22日、日帰りだけど、京都に行きます。ストレスが溜まってまして・・・・ぅうううううううううううう~遠出したくなります。逃避行です
注射するたびに、骨に響く。液が入ってゆかないから、余計に。ジワジワ入れるから、つい口で言ってしまいます。痛い痛いと。念仏のように
[PR]
by MAYUMI-SAKURA | 2011-08-19 12:44
昨日の夜から、雷は轟くは~稲光もあるわ~雨はザ~ザ~降り続きまして・・・そんな中、野垂れ死に(のような姿でした)しておりました。疲れが出すぎて。仕事をしていても痛恨なミスをするし、身体は、だるい、だるい~と言っているし。お昼にアーモンドチョコ買って、摘まんでました。チョコは疲れたときにいいらしい。甘さがいいのだなぁ=太るけどさぁ~
今も、滝のように降ってます。昨日は下の茶の間でテレビ&電気を明るいままで1晩過す。怖い雷の落ちる音って一人では耐えれない怖さです。
怖いといえば・・・今朝会社でのこと。鮮魚でのおきた事ですが、、、いきなり、何の前触れもなく、トングを刺しているハンガータイプが落ちた。いきなり。誰もそこにはいないのに。みな、淡々と仕事をしている中でのコト。その次~ッ。その中の一人の職員さんの真っ白い白衣に手形が1つ。真横に1つ。朝礼時に発見しました。まわりにも手形が付いてるんだけど・・・怖いね~と話をしてて・・・鮮魚に帰ってから云ったのです。白衣に、手形が付いてるよと。その、職員さん、いゃ~チーフさんの手形でしょ。うんにゃ<違う男の人の手形だよ。
チーフさんに呼んで、手形に手をあててみたら~(〇ω〇;)違う~僕より、小さいね子供かな~とか、〇〇さん、何か?恨み買ったかなぁ~と。ちょっぴり鳥肌もんでした自分的に。怖い~手形。しかも、かすれ具合とかがリアルで。付けましたてな感じではなく、フッと付いた感じがね~
[PR]
by MAYUMI-SAKURA | 2011-08-18 18:50